またまたの無茶振り

   

セキュリティの担当に殴られることを覚悟していると、、、

 

システム部門長:「おいA!」

 

A:「はい!(急に呼ばれてビックリ)」

 

システム部門長:「セキュリティ見直しの陣頭指揮はお前が担当だ。では解散。」

 

A:「(え”〜!そんなシナリオ無いんですけどぉ〜!!何言っちゃってんの?そこはセキュリティ部署の担当が仕切るべきでしょ?)」

 

 

A:「〇〇さん!(セキュリティ責任者)」

 

セキュリティ責任者:「何?あー、俺もうダメかも。。。」

 

A:「〇〇さん、ここだけの話し、これは訓練なんですよ。」

 

セキュリティ責任者:「あー、俺もうダメかも。。。」

 

A:「〇〇さん、よく聞いてください。これは訓練なんですよ。」

 

セキュリティ責任者:「あー、どう責任とればいいんだ。。。」

 

A:「〇〇さん、嘘なんです。これは訓練なんですよ。」

 

セキュリティ責任者:「は?嘘?何言ってんの?」

 

A:「〇〇さん、これは作り上げた話しなんです。事故は起こっていません。訓練なんです。」

 

セキュリティ責任者:「え?事故は起きてないの?俺は大丈夫なの?」

 

A:「大丈夫です。システム部門長も絡んだ訓練なんです。」

 

セキュリティ責任者:「うわ、まじか?良かった〜。。。俺死んだと思った。」

 

A:「すみません、〇〇さんに事前に伝え忘れていまして。。。」

 

ゴンッって〇〇さんのグーパンチが私のおでこにクリーンヒットしました。

 

おでこの痛みを感じながらシステム部門長を追いかけました。

 

しかし、もう既に羽田空港に向かったとの事で会う事は出来ませんでした。

 

「あんにゃろ〜!またまた余計な仕事を押し付けやがってぇ〜!!!」

 

つづく。。。

 

 

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理