宿題持ち寄り

   

1週間後、皆の宿題を持ち寄りました。

 

A:「おつかれ。まずは各自のポスター発表からいきましょうか?」

 

B:「出来が悪くてすごく恥ずかしいんだけど。」

 

一同:「俺も俺も。。」

 

A:「じゃあ、ファイルをフォルダに突っ込んで誰が作ったかわからないようにしようか。」

 

一同:「賛成」

 

A:「では最初の案を投影します。ジャン。」

 

一同:「。。。(無言)」

 

A:「どうよ?」

 

B:「誰が作ったかわからないけど、一言で言うなら微妙かな。」

 

A:「次行ってみよう、ジャン。ジャン。ジャン。。。。(終始無言)」

 

 

全て投影し終えたところで、

 

E:「どれもこれもセンスないね~。」

 

D:「仕方ないよな、俺たち素人だもんw」

 

B:「そりゃそうだ。すごいの作れたらその道の仕事をした方がいいよね。」

 

A:「これさ、テーマとか伝えたいメッセージを決めてプロに頼んだ方が早いんじゃない?」

 

C:「最初から分かっていたような。。。笑」

 

B:「うちのマーケ部門にこういうの専門でやる人いるんじゃないの?そこに頼んでみようか。」

 

一同:「賛成!餅は餅屋にまかせよう。」

 

A:「知り合いを辿ってみるよ。」

 

 

A:「では次、Cの宿題。シャープ、東芝の事例紹介説明会のシナリオについて」

 

C:「はいよ、参考にしたのはこの本。とあとは週刊誌かな。両社が飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃から、陰りが見え恥ためた頃、最終的に赤字転落して早期退職やボーナスカットの具体的事例までまとめてみた。あとYoutubeで探そうと思うんだけど、早期退職はするものの、なかなか職が見つからないというインタビューや、職が見つかっても以前のような収入は見込めないというインタビューがあるといいなと思ってる。」

 

A:「なるほどね。決算発表の数字も合わせて調べておいてほしいな。好調好調から一気に赤字転落してたはずだから。うちの会社も同じ境地に陥る可能性があるということを感じて欲しい。」

 

C:「了解。シナリオはアップデートしたらまた共有するよ。説明会は上位会議体で承認取れたら3回ほどに分けて開催しようと思う。」

 

A:「了解、そこは任せたよ。Youtubeの動画検索、誰か手伝ってくれない?」

 

B:「はい、俺がやるよ。俺そういうの得意だから。」

 

C:「この話も大事だけど、Aの架空事件の方が気になるんだけど。」

 

A:「はいはい、では説明しましょうかね。」

 

次回につづく。。。

 

 

 

 

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理