企業文化とモチベーション

   

前回、3人のレンガ職人の物語をご紹介させていただきました。

 

今回は3人の旅人がレンガ職人への「何をしているか?」の問いかけに対する答えから、分かることをご紹介します。

 

職人A:「レンガ積みに決まっているだろ」

→特に目的なし

 

職人B:「この仕事のおかげで俺は家族を養っていける」

→生活費を稼ぐのが目的

 

職人C:「歴史に残る偉大な大聖堂を造っている」

→後世に残る事業に加わり、世の中に貢献することが目的

 

この中で一番モチベーション高く仕事をしているのは、明らかに3番目の職人Cですよね。

 

目的がしっかりしていて、その目的を果たすためにどのような貢献ができるのかを自分で考えるからこそ、より良い仕事をしようとその仕事に積極的に関わる姿勢が生まれます。

 

 

 

では、やらされている感のある職人Aや、仕方なく生活のために働いている職人Bのような従業員の目的意識を高めるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

それにはまず、企業の目標・夢・志・方向性などをビジョンとして明確にし、社内の勉強会や社内報でそれを徹底的に落とし込み、ビジョン達成のための模範的行動を称える報奨制度の導入や、ビジョンに共感する人財の採用などを行うことが必要だと思います。

 

他にも、計画・戦略策定へ従業員を関わらせたり、権限委譲をすることも、目的意識の向上に効果的です。なぜなら、自分の考えが必要とされることで「やらされ仕事」が「自分の仕事」に変わり、仕事に価値を見出すことができるようになるからです。

 

こういった企業文化があってはじめて、ビジョン実現のための使命・目的・役割・存在意義などを自ら考え、行動に移すことができるモチベーション高い人財を育てることができるのではないでしょうか?

 

と教科書的な書いてしまいました。

 

 

じゃあ具体的にどうやるのか教えてくれ!と言いたい。自分に。皆さんに。

 

頭では分かってはいるんですよね。。。

 

そう、「頭」では分かっているのです。「頭の中」では分かっているのです。

 

じゃあ、それを見える化する?

 

本田翼みたいにかわいい子が職場にいたら、モチベーションが全然違うんですけどね。。。

 

 

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理