チーム内タスク共有

   

前日の夜はシステム部門長のおごりと言うことで、叙々苑を勝手に予約し、嫌と言うほど肉を食べまくりました。

 

心なしかお会計後のシステム部門長は元気はなかったような気がします。酔いがさめたような感じ。。。

 

すみませんでした!

 

でも日頃大変なタスクを押し付けられてこなしているので、遠慮する必要はないなと食べ飲みまくったのです。

 

さて、飲んで騒いでも消えないタスクはどうしようかね。。。

 

仲間を呼んで議論することにします。

 

 

A:「2つタスクあるけど、どっちからやろうか?」

 

B:「どっちってそりゃ、まずチーム内で始めようといったタスクの見える化からじゃない?」

 

A:「あ~、そうか。じゃあまずルール決めようか。」

 

C:「俺たち課長だからまずは上長にあたる部長から指示されたタスクは見えるように管理しようよ。共有サーバにある掲示板に書いていこうよ。」

 

D:「あとそのタスクの納期とかかりそうな時間もね。」

 

C:「あと、臨時上長のシステム部門長からの指示もね。」

 

A:「できれば忘れたい。。。」

 

C:「あと、自分の部下から依頼されたものもかな。まずはこれだけぐらいでやってみようよ。」

 

D:「賛成。やりながら微修正していこうかね。」

 

E:「じゃあ、共有サーバの掲示板作っておくね。」

 

 

こんな感じで簡単に決められるルール、負荷にならない程度の情報管理粒度で始めることにしました。

ポイント
管理することが負荷になるようであれば、長続きしません。
長続きしそうなレベル、早く始められるようなレベルでまずは”始めること”が大切です。

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理