適正な評価者が評価を

   

では次のお題。
プロジェクトでの活躍の評価方法について議論します。

 

A:「プロジェクトでの活躍の評価方法はどうしようかね。」

 

B:「これ、一番改善して欲しいです。過去に嫌な思いをしてて。。。」

 

A:「どうしたの?聞かせてよ。」

 

B:「あるプロジェクトで、ある領域のリーダーを任されたんですよ。初めてリーダーを任されたので、がむしゃらに頑張ったんです。メンバーの協力もあって私の領域は大きな遅延や問題も発生せずにうまく行ったんです。でも別のチームがうまくいかなくて、結果的にプロジェクト全体が遅延、コストオーバーになってしまって、端からは失敗プロジェクトという烙印を押されてしまったんです。」

 

 

C:「あ〜、よくある話。。。」

 

B:「その後の評価の時期の面談の際に、自分の上長から言われたんです。プロジェクト全体が失敗しているので、高い評価はできないって。そりゃないでしょ!って言いたかったですよ。」

 

D:「あ〜、よくある話。。。」

 

B:「自分がうまく行っていないチームを助ければ良いのかもしれませんが、さすがにそこまでの余裕もなかったし。。自分の領域は大成功だったんです。それを私の上長が分かっておらず。。。」

 

A:「なるほど。プロジェクトは終わったら基本解散だからね。」

 

B:「そうなんです。PMの○○さんは私の頑張りは分かってくれていると思うですけど。。」

 

A:「じゃあ。○○さんがBの評価をすればいいじゃん。」

 

E:「確かに。プロジェクトメンバーになったのであれば、MBOの何%かをプロジェクトに割り当てて、その分はPMが評価権限を持つようにすればいいんだよね。」

 

 

A:「それシンプル。難しい話じゃないよね。」

 

B:「ただ、人事評価の話なので、実行に移すとなるとハードルが高いかもね。」

 

A:「確かにね。これはシステム部門長を通して話を進めた方がいいかもね。一度取り組み方針をインプットしてみますか。」

 

D:「賛成。まずタスクの見える化のお試し運用の状況も合わせて報告しよう。」

 

 

ポイント
評価は、その人を日頃見ている人がすべきです。

見ていない領域を評価することは、評価される側としては納得感が得られないケースがあります。

必ずそのタスクの責任者が評価するようにしましょう。

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理