あなたは何担当?

      2016/12/01

後日、大規模プロジェクトのPMO10人を招集して状況を確認することにしました。

 

まず10人もいることが疑問です...。

 

 

A:「皆さん、PMOとして10人も居られますが具体的にどういう役割分担になっているのですか?」

 

PMO:「特に分担らしい分担はありません。PMO業務を持ち回りで担当しているだけです。」

 

A:「えっ!?ということはPMOは実質1人ということですか?」

 

PMO:「そうなりますね。忙しいときは手伝ってもらったりはしますけどね。」

 

A:「...。(そりゃPMさん、一人でプロジェクトを切り盛りしているのであれば死ぬわw)」

 

 

1つの役職を複数人で担当する場合は、一人一人の役割、管理責任範囲を明確にすべきです。

 

大規模プロジェクトであれば、様々な領域を横断するプロジェクトになるのが普通ですので、領域毎にPMO配置して管理させるなどすべきです。

 

そうしたらもっとPMも楽を出来ます。

 

みなさん、繰り返しお伝えしますが、一流企業の社員ですらこんな状況です。この会社はこのままだと没落するでしょう。。。

 

 

ポイント
問題解決する際、解決の根底には「楽をするためにはどうしたら良いか?」というのを常に考えることが重要です。結果的にシンプルな解決方法に至れる可能性が高いです。
自分が手を下さなくとも良い方法が無いか、他人のふんどしで相撲を取ることを考えるのも一つの手です。

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理