基本の”キ”

      2016/11/14

これまでの取り組みの結果、
 ・プロジェクト名称
 ・責任者
 ・体制図
 ・スケジュール
の見える化が出来ました。

 

ここで再度基本を振り返ります。

 

PMBOKの本をちらっと読むと、PQCDの管理が重要と書いてあります。
 P:Profit(プロジェクト達成後の効果)
 Q:Quality(品質)
 C:Cost(プロジェクト予算)
 D:Delivery(スケジュール)

 

この4つの管理項目の内、プロジェクト管理の立場ではどうすることもできないと思われたP:Profitは管理項目から外すこととしました。

 

Profitは各プロジェクトで管理してもらうこととします。

 

Q:Qualityについては、幸いにも品質についてうるさい会社なので、品質管理の組織が存在し、そこでしっかりと管理されていることが分かりました。

 

D:Deliveryはスケジュール作成ルールを決めて作り直したので、一応管理出来ていることとします。

 

残ったC:Costについてです。

 

プロジェクトに割り当たった予算がどのように管理されているのかPMOの方々にヒアリングしてみました。

 

 

PMO①:「予算管理専任者を設けてしっかり管理してるよ。」

 

PMO②:「うちもそう。お金は大事だからね。」

 

A:「どうやって管理されているんですか?」

 

PMO③:「ローカルで管理してるよ、どれだけ使っているか見られたくないからね。

 

PMO①:「プロジェクト外に使ってたりするからね。管理フォーマットは決まっていないよ。

 

A:「...。では、予算利用の計画などはあるんでしょうか?」

 

PMO①:「予算利用計画は無いに等しいね。予算が必要となる直前ぐらいにいくら必要か整理して、減算管理しているぐらいだよ。」

 

PMO②③:「同じです。」

 

A:「でも、見積りを出されているので、いつどれぐらい予算を使うかはお分かりになっているのでは?」

 

PMO①:「見積りは見積り。これまでの経験と勘で導き出してるからね。」

 

A:「...。状況は分かりました。今日はお忙しい中ありがとうございました。」

 

 

と謝辞を述べてその場は終わりました。終わるしかありませんでした。

 

A:「(予算の計画も無いんじゃ管理も何もないよな...。まず計画だろう...。システム部門も腐ってるな...。)」

 

ポイント
計画のない行き当たりばったりで物事を進めるのは危険です。
扱う予算規模によってはそれで良いかもしれませんが、大きなお金を扱う場合は計画が必須です。
「ご利用は計画的に」とよく言いますよね?

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理