業務部門への協力要請

   

経営会議終了後、システム部門長秘書から呼び出しがあり、システム部門長の部屋にメンバーが集まりました。

 

システム部門長:「業務部門に協力要請してOKもらっておいたよ。この先の進め方、ちょっと考えてくれないか?」

 

A:「承知しました。業務部門の協力を得られるのであれば心強いです。」

 

システム部門長:「進め方がまとまったら報告してくれ。1週間後ぐらいでいいかな?」

 

A:「はい、検討してみます。」

システム部門長:「業務部門のコスト削減案には目を通してくれたか?」

 

一同:「はい。」

 

システム部門長:「感想は?」

 

一同:「なんと申しますか、正直に言いにくいのですが大したことないというか...。」

 

システム部門長:「システム部門が考えていることとの被り、重複はあるか?」

 

一同:「全く見当たりません。検討しているレベルが違いすぎるというか...。」

 

システム部門長:「だろ(笑)、俺たちが考えていることはすごい事なんだよ。絶対に実現しないといけないことなんだよ。この会社を存続させるためにも。

システム部門長の最後の一言が心に残りました。

裏を返せば、この計画が失敗したらこの会社は存続できないということを意味します。

 

それほど重要なミッションを遂行しているんだと改めて実感しました。

 

これまで、大企業なのでそう簡単にはつぶれない誰かがうまく経営してくれるのだろうとどこか他人事のように思っていた感がありました。

 

しかし、他人事と思えず、自分達の力でどうにかしないといけないのだという気持ちが強く湧いてきました。

 

ポイント
トップの目的の理解度、熱い思いが下に伝わるとさらに活動は加速します。
いかに思いを下に熱く伝えるか、どういう言葉で伝えるかが大切です。

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理