強力な助っ人?茫然自失

      2016/11/06

ひとまず5人は出席してくれているので、このメンバーに説明をし始めることとしました。

 

この5人が所属する領域の上位管理職の方は、先日の会議でも賛成意見をコメントされた方の部下でした。いわゆる中堅層(自分もそうですが)の方々で、皆顔見知りでした。

 

説明会冒頭で、私の自己紹介を行い、一つ質問してみました。

A:「皆さん、上の方から何をするか聞いていますか?」

参加者イ:「いえ、特に聞いていません。」

参加者ロ:「一言、協力してやってくれと。」

参加者ハ:「システムの改善をするとか聞いています。」

参加者ニ:「業務改善をすると聞いています。」

参加者ホ:「〇〇さん(私)の企画を実現するのを協力してやってくれと聞いています。」

 

もう愕然としましたね。。

上位管理職の方々は本当にプレゼンした内容を理解してくれたのか?

 

誰の為の活動なのか?

 

何もしなければ会社がどうなってしまうのか考えていないのか?
上位管理職に対して非常に懐疑的になってしまいました。。

 

これはメンバーに説明するにしても、もう一度上位レベル会議体で活動主旨を説明し、根底理解を求めないといけない状況だと悟りました。

ポイント
上位レベルの温度感が低ければ、下位レベルが頑張ってもうまくいきません。

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理