問題解決のための大方針

      2016/11/06

これまでに挙げた問題点を解決する方式として、大方針として下記を定めました。

 

①同一業務領域におけるシステム重複
整理した業務領域は24領域だったので、各領域をサポートするシステムを合計24システム新規開発する。

②業務領域跨りのシステム実装
既存システムで有している機能洗出し、適切な業務領域での新規開発システムに再配置をする。

③会社組織の壁を意識したシステム構成
会社組織、業務の無駄を示し、効率化案を提案する。

こんな大方針を定めるのは簡単だけど、どのように提案資料にまとめあげようか、かかる費用をどのように算出しようか議論が始まりました。

ポイント
大きなことを考える場合、絶対にぶれない方針を固めることが大切です。
方針がぶれると手戻りが大きくなります。

 

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理