進め方の検討

      2016/12/11

 

翌日、特別チームメンバーだけで集まり、今後の進め方について話し合いました。

A:「これまでも問題点を解決するために色々やってきてたんだけどな~。」

(一同賛同)

B:「今のシステムをベースにして、全ての問題点を解決するのは無理だね。」

(一同賛同)

C:「綺麗にシステムを作るより、スピードを求められたからね。」

(一同賛同)

D:「予算はいかほど準備してくれるんだろう?」

E:「現状のシステムは忘れて、この会社で必要なシステムをゼロベースで考えてみます?」

一同:「うわ~大変そう。。。」

E:「でも付け焼刃的な改善案はこれまでやってきているし、抜本的な案が必要そうだし。。。」

一同:「確かに。。。」

E:「じゃあゼロベースで考えますか!」

(一同賛同)

A:「やろうとしていることが大きい話なので、1か月後の報告を待たずこの方向性の確認だけでもシステム部門長と意識合わせしておきませんか?」

(一同賛同)

A:「では1週間後にシステム部門長の予定を押さえますね」

B:「じゃあ、今日は決起大会ということで一杯やります?」

ということで、飲み屋街に消えていき、親交を深めていきました。

ポイント!

途中で方向性の確認を行い、目的解釈に誤りが無いか、進め方に認 識相違が無いかを

確認することが重要です!

改善と改革は異なります。

改善:現状の悪い点を無くすようにすること

改革:何か別の物を作り上げ、現状よりより良いものにすること

 

 - プロジェクトマネジメント, プロジェクト管理